クローバーハウス

ブログ

Report #221 : 2017 Jul.

初めての○○

初めての○○

こんばんは、伊藤です

 

先日、あることを初体験しました。

実は体験する予定ではなかったのですが、

目の前での作業を見て、

思わず「おぉ~!」と感嘆の声をあげたところ、

 

「やってみますか?」と言ってもらい、

  

迷わず、

「やりたいです!」と言って

やらせていただきました。

 

 

何を初体験したかと言うと、

「ガラスを切る作業です。」

 

 

クローバーハウスでは

どのお宅もいろいろな種類のガラスを使わせていただいています。

主にはドアや収納戸などのいわゆる「建具」に使っていて、

 

少ないお宅で3~4種類

多いお宅だと10種類以上の

デザインガラスやアンティークガラスを使っています。

 

そのガラスは

ガラス屋さんから取り寄せるのですが、

在庫にない時、

普段ステンドグラスをお願いしているチットさんも

手元にガラスを持っていて

それを分けていただくことがあります。

 

今回も

チットさんが2種類あるから

好きな方を選んでくれれば

その場で必要なサイズにカットするから

と言って寄ってくれました。

 

ガラスを決め

サイズを伝えると

いよいよガラスのカット。

 

どんなマシンが出てくるかと思いきや

普通の鉛筆型のカッターと定規だけでした。

 

「えッ!これ?」

 

と思っている間もなく、

早速「すーっ。パキッ」と手際よく

ガラスをカットしていきます。

 

ガラスって切るの難しいだろうな~と思っていたところに

あまりに手際よく簡単にカットしていくので、

思わず、

「おぉ~!すごい!!」と声をあげてしまいました。

 

そしたら、

「やってみます?」の声、

もう迷わず

「やりたいですっ!」

初めてガラスを切らせてもらいました。 

 

 

いざ、

ガラスの上にカッターを滑らせると

意外とうまく刃が進まない。

しかも定規に当てているのに

まっすぐカットできない。

 

ちょっとダサダサな感じでした。

  

簡単そうに見えても

やっぱり技術だな~

簡単に見せるのも

一つの技術だな~と

思いました。

 

難しかったけど、

楽しかったですし、

常に新しいこと

未体験なことにはチャレンジし続けていきたいと思っています!

カテゴリー