クローバーハウス

ブログ

クローバーハウス ホーム > ブログ > 化学合成材を使った住宅のデメリット

Report #015 : 2016 Feb.

化学合成材を使った住宅のデメリット

化学合成材を使った住宅のデメリット

化学合成材を使った住宅のデメリットをご存知でしょうか。

化学合成材を使った住宅の場合、シックハウス症候群などの健康への悪影響が考えられます。
化学合成材を使った住宅の場合には、常に換気を心がけ、揮発性の化学物質を室内から出すことを心がけましょう。
最近の住宅にはシックハウス症候群を予防するために24時間換気が備え付けられています。
24時間換気をとめることなく、普段から窓を大きく開け放つなどして、体に有害な化学物質の室内から追い出すようにしましょう。

また、化学合成材木を使った住宅では、接着剤使うため、耐久性に不安があるというデメリットもあります。
メンテナンスの費用も必要になってきますので、そのことも念頭におきましょう。
このように、化学合成剤を使った住宅にはデメリットも存在します。
住宅に化学合成剤を使用する際には、デメリットにも注意するようにしましょう。
コストのことだけを考えて、化学合成材を選ぶのではなく、そのデメリットも十分に理解したうえで、シックハウス症候群などの健康への悪影響を及ぼさないように十分に配慮しましょう。

カテゴリー

クローバーハウス ホーム > ブログ > 化学合成材を使った住宅のデメリット